宇野昌磨の家族構成:父はIT社長で弟はモデル!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フィギュアスケート

フィギュアスケートは、習うためにもかなり高額な費用が必要で、その総額は約1億円とも言われています。

「そんなフィギュアスケート選手の家族って一体どんな人なの?」と疑問に思っている方も少なくないのではないでしょうか?

今回は、フィギュアスケート選手で2018年平昌オリンピック銀メダリストの宇野昌磨選手の家族情報をまとめてみました。

宇野昌磨選手の父親や母親、イケメンと噂の弟の情報まで調査をしましたのでぜひ一緒にチェックしていきましょう!

宇野昌磨のプロフィール

  • 出身地: 愛知県
  • 所属: トヨタ自動車
  • 生年月日: 1997年12月17日
  • 身長: 158cm
  • 家族構成: 父・母・弟

宇野昌磨の父親はIT社長

プロフィギュアスケート選手として活躍をしている宇野昌磨選手ですが、フィギュアスケートを始めたのは5歳からです。

あの浅田真央さんが「可愛かったから」という理由でフィギュアスケートに誘い、宇野昌磨選手はそこからフィギュアスケートを本格的に開始したようです。


ただ、フィギュアスケートを始めるためには、大きな費用がかかるということで、簡単に「やりたい!」といって始められるわけではありません。

そんなフィギュアスケートを始めることをOKしたご家族、特に父親は一体何をしている方なのでしょうか。

宇野昌磨選手の父親は宇野宏樹さんと言います。以前テレビにも出演されていました。


「株式会社ウィード」というIT会社の代表取締役として務めているようです。

「株式会社ウィード」は、名古屋にあるIT企業で従業員は10名と大規模な企業というわけではないようですが、大手企業とも取引をするなど少人数で大きな利益を出す会社のように思われます。

代表取締役として務めていることや以前テレビに出演した際、家の様子を確認する限り、お金には余裕のある生活ができているのではないかと見て取れます。


会社を起業したのは宇野昌磨選手が3歳の頃。

宇野昌磨選手がフィギュアスケートを始める前にも、ゴルフやテニス、ダンスなど多様なスポーツに触れていたことから、会社を起業する前の稼ぎや起業してからの会社の業績もよかったのではないかと推測できます。

お父さんから長年金銭面でサポートがあり、宇野昌磨選手の実力を伸ばす環境面が整っていたのでしょう。

では、宇野昌磨選手の母親はどういった方なのでしょうか?

宇野昌磨の母は?

宇野昌磨選手の母親は、宇野純子さん。

父親が金銭面で大きなサポートをする一方、スケートリンクまでの送り迎えや練習時のサポートは母親、純子さんの役目だったようです。

宇野昌磨選手も「僕がここまでジャンプが跳べるようになったのも、母がガンガン言いながら練習を見てくれたから」と母親の厳しさとサポートがあって成長できたことを語っています。


母親、純子さんの写真など信憑性の高い情報はあまり公表されておらず、容姿や職業に関しては様々な憶測が飛び交っているようでした。

宇野昌磨選手と父親、宏樹さんの容姿があまり似てないことや職業に関してもある情報から、母親の素性が気になる方も多いと思われます。

母親の容姿に関して「小柄でファッショナブルでかわいらしい」という情報もあることから、宇野昌磨選手の端正な顔立ちは、美人なお母さん譲りなのではないでしょうか。

また、職業に関して、元美容院や元極道など情報がでてきましたが、どれも噂どまりなようでした。

元美容師という噂は、宇野選手の髪型がお洒落だから、また、元極道という噂は、母親の実家が弘道会という極道の本部近くにあり、練習中の母親が恐ろしいということからきたようです。

以上から母親の純子さんに関して詳しい情報は出てきませんでしたが、宇野昌磨選手が幼い頃から、本人の成功を精一杯サポートし続けた素敵なお母さんのように感じました。

次に、宇野昌磨選手の弟さんについて紹介していきます。

宇野昌磨の弟はホッケー選手でモデル

宇野昌磨選手の弟は宇野樹さん。


兄の昌磨さんより4歳年下で、中京大学経済学部に所属しており、陸上ホッケー部で活動をしています。

Twitterは「自由人」という名前でアカウントを運営しており、宇野昌磨選手のことやゲーム配信に関するツイートが多く見られます。


また、大学で陸上ホッケー部に所属する一方、セントラルジャパンという会社に所属するモデルとしても活動しています。

兄の昌磨さんが競技一筋で打ち込む中、弟の樹さんは、兄の身の回りのことや試合への帯同、通訳など幅広くサポートにも務めたようです。

そして、そういった兄のサポートをしながら、自身は陸上ホッケーでも結果を残し、ジュニアユースの日本代表に選出されたり、高校時代に愛知県の代表チームキャプテンを務めたりもしたようです。

モデルの仕事は15歳の頃から始め、高校1年生で自ら立候補して生徒会長を務めるなど社交的な面もうかがえます。

このことから、英語が堪能である上、陸上ホッケーでも活躍をし、さらにモデル、タレントとして雑誌やテレビでも活動の幅を広げており、弟の樹さんも兄の昌磨さんに引けを取らないほどの人物だということがわかりました。

兄の昌磨さんと弟の樹さんは仲も非常に良いようです。


樹さんは、昌磨さんの試合は「最初の6分練習の間に眠気が来てそのまま寝ちゃう」とのことであまり観戦はしないみたいですが、一緒にゲームをすることはしょっちゅうあり、以前は試合直前まで2人でゲームをしていたこともあるようです。

樹さんがYoutubeでゲームチャンネルを配信しているということからゲームの腕が高いと思われますが、昌磨さんも実はゲームが上手なのかもしれませんね。

このような活躍している兄弟を育て上げたご両親は、金銭面やその他のところ様々なサポートをしていたのでしょう。

まとめ

今回は、プロフィギュアスケーターの宇野昌磨選手の家族構成などについてまとめてみました。

オリンピックなどの大きな大会でメダルを獲得する宇野昌磨選手ですが、ご家族のサポートも大変大きいということがわかりました。


フィギュアスケートを子供にさせるためには、かなり多くの費用がかかるので、家族全体の金銭面や身の回り、練習を続けるためのメンタルや送り迎えなど、多くのサポートが必要です。

フィギュアスケート選手のリング上での活躍はもちろん、裏方としてサポートするご家族にもこれからは注目です。

宇野昌磨選手とそのご家族の今後の活躍も期待しましょう!

フィギュアスケート
スポンサーリンク
Sブロ
タイトルとURLをコピーしました