谷口彰悟の家族構成は!兄や姉も美男美女?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サッカー

川崎フロンターレの主将としても活躍し、2022年カタールワールドカップのメンバーにも抜擢された谷口彰悟選手。

2014年、川崎フロンターレからプロ生活をスタートさせ、デビュー年からレギュラーを勝ち取るなどサッカー選手として輝かしい結果を残してきています。


2021年のJリーグでは、シーズンベストイレブンにも選ばれ、サッカーの実力はもちろん、俳優さんのような端正な顔立ちやピッチ内外での紳士な対応から、多くの女性男性ファンがいます。

今回の記事では、プロとして成功を収め続けている谷口彰悟さんを支えているであろう家族についてまとめました。

谷口彰悟選手の家族構成やご両親との関係性、兄や姉の存在も紹介していますので、こちらの記事を読んで、谷口選手の違った一面を見ていただければと思います。

谷口彰悟の家族構成は?

谷口彰悟選手の家族は、父、母、9歳上の姉、3歳上の兄からなる5人家族です。

谷口選手は3人家族の末っ子ということになります。

こんな大人びている谷口選手が末っ子だとは以外ですね!

ちなみに、サッカーを始めたきっかけは3歳上の兄で、体育幼稚園のサッカーチームの試合で、兄がプレーしていたことから興味を持ち始めたようです。

体育幼稚園に通っていたということで、ご両親がスポーツ選手だったり、スポーツに力を入れていたご家庭だったりしたのかなど気になりますね。

谷口彰悟の両親は?

谷口彰悟の両親はどんな人?

谷口選手の母親は、春江さん、父親は登志夫さんです。

先ほど紹介した体育幼稚園に通うことになったのは、スポーツに力を入れてほしいという訳ではなく、単純に家から近いから選んだとのことです。

そのため、特別サッカーを始めてほしいという想いはなかったと思われますが、小学校の低学年時にサッカーをできる環境(チーム)がないということで両親と幼稚園が協力して「熊本ユナイテッドSC」を創設しました。

幼稚園に早めに登校してはサッカーボールを蹴っていたという谷口選手のためだったと思うとご両親の子どもを想う優しい性格がうかがえます。

そういったハード面でも子どものサポートを行っていることからサッカーの指導にも熱くなると思いきや、サッカーの試合や谷口選手のプレーに関して口出しをすることはなかったようです。

谷口選手自身もサッカーに関しては両親に相談することはなかったと言います。

一方で、小学生の時には両親の勧めで、陸上や書道、エレクトーンも習っており、エレクトーンの練習が嫌だった谷口選手は、両親からサッカーに関しては何も言われないですが、エレクトーンに関してはマンツーマンでしごかれたこともあるようです。

また、高校時代には、雨が降っていても来るまでの送り迎えはしてもらえないなど、何にでもサポートの手を差し伸べるということもなかったことから、ご両親が何もかもサポートするだけでなく、谷口さんが自立できるように育てていたことがわかりました。

谷口選手の通っていた大津高校の練習は早朝から始まることもあり、母の春江さんが朝早くからお弁当の準備をしていたことなどエピソードもあり、母親の温かさが伝わってきます。

谷口彰悟と両親との関係性

谷口彰悟選手とご両親の関係性ですが、高校の進学先の相談やプロ入りを決めた後に両親へその旨を伝えたということなので、何もかもを相談するような関係性ではなかったのではないかと考えられます。

川崎フロンターレでプレーすることを電話で両親に伝えた際にも「頑張れ」とだけ言われたような気がすると語っており、将来の方向性に関しては自由に選ばせてもらっていたともいえるでしょう。

しかし、幼い頃からのサポートに谷口選手自身感謝をしており、プロになって最初の給料で腕時計をプレゼントしたようです。

当時からサッカー選手として活躍していた谷口選手ですが、その後もさらに実力と実績を重ね活躍を続けています。

ご両親と密に連絡を取るような関係ではないにしろ、両親の支えは幼い頃から谷口選手の大きな力になっていることでしょう。

谷口彰悟の兄と姉も美男美女!?

身長も180cmを超え、顔も整っている誰もが認めるイケメンの谷口彰悟選手には3歳上の兄と9歳上の姉がいます。

幼稚園の頃にサッカーを始めた谷口選手ですが、兄と姉もサッカーをしているのでしょうか?

はたまた谷口選手と同様、美男美女のお兄さん、お姉さんなのでしょうか!?

まず、9歳年上の姉、友季子さんは、100mハードルの元トップ選手でインターハイのハードル競技で全国優勝を経験しているすごい方でした!

http://www.kumariku.org/

ただ、筑波大学へも陸上競技で進学できたはずが、筑波大学への進学をしなかったとの情報もあり、大学進学やその後、陸上競技を続けたかどうかなどは不明です。

姉とも少なからず関係がある筑波大学に進学した谷口選手ですが、その進学理由に関しては、大津高校の監督が筑波出身ということで決めたそうです。


次に、3つ上の兄は慶祐さんといい、姉の友季子さんと同様に陸上で優秀な成績を収めていたようです。

ただ、サッカーでも熊本屈指のDFとして実力を持ち合わせていたということで、谷口彰悟選手同様に、サッカーを続けていればプロへ進めていた可能性もあるのではないでしょうか?

谷口選手が大津高校に進学するのに兄のアドバイスがあったということもあり、年齢の少し離れている面倒見の良いお兄さんなのでしょうね!


残念ながら、2人のお写真はありませんでしたが、谷口選手の容姿からすると美男美女のご兄弟であることが予想できます!

まとめ

今回の記事では、川崎フロンターレのキャプテン、日本代表にも選出された谷口彰悟選手の家族構成やご両親について、そして、気になる兄と姉に関してまとめてみました。

谷口選手の出身地が熊本県で、谷口選手以外のご家族は熊本県で生活をしているようです。

熊本県といえば大きな地震もあり、その際には谷口選手もご家族の安否を心配しましたが、ご両親は心配せずにサッカーを頑張ってほしいと伝えたようです。


谷口選手は地震が起こってから約1ヵ月後に熊本に戻り、家族に会ったり、地元の復興支援にも協力しました。

地震という災害ではありますが、このような災害もまた家族の絆を深める要因になったのではないかと思います。


素敵な家族の応援を受け、今後もクラブチームや日本代表で活躍する谷口彰悟選手の活躍に注目です!





サッカー
スポンサーリンク
Sブロ
タイトルとURLをコピーしました