谷口彰悟の学歴まとめ!筑波大学・大津高校・中学校・小学校時代のエピソードは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サッカー
谷口彰悟,学歴,大学,高校,中学校,小学校,筑波大学,大津高校,

川崎フロンターレの主将としても活躍し、2022年カタールワールドカップのメンバーにも抜擢された谷口彰悟選手。

またJリーグ屈指のイケメンとしても有名な選手です。

今回はそんなイケメンJリーガー谷口彰悟選手の学歴についてまとめましたので、ぜひ最後までご覧ください。

谷口彰悟の出身大学は筑波大学

谷口彰悟選手は熊本県出身ですが、茨城県にある国立大学筑波大学体育専門学群に入学します。

高校卒業時に川崎フロンターレからオファーを受けていましたが、高校の先生になりたかったことや自立や成長をしてからという思いもあり筑波大学に進学することとなりました。
当時の様子を次のように語っています。

“高2で出場した冬の選手権後に、川崎フロンターレの練習に参加しないかと声をかけていただき、初めてプロの環境に触れたことでリアルにプロという道もイメージできるようになって。ただ正直、そこでプロにいくか大学に進学するかで迷いはありました。

でも、プロを目指すのは、大学で人間的に成長してからでもいいのではないかと思い、大学に進学する事を決めました。なので、大学ではもう一度スカウトの目に止まるようにという気持ちでやっていましたね。

http://5yell.jp/athlete/800026147/“

“もっと自立していろいろなことがわかってから、プロに入っても遅くはないんじゃないかという考えがどこかにあったし、親から「サッカーが終わってからのことも考えて」という話があり、大学に行くと親が安心すると思ったところもあって。いろいろなことを考えて筑波大学進学を決めました。

https://melos.media/children/24998/“

筑波大学は全日本大学サッカー選手権大会で4度、総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントで3度の優勝をしている強豪です。

そのようなチームの中で、谷口選手は大型ボランチとして1年生からレギュラーとして活躍!
また、学生のオリンピックと言われているユニバーシアードの代表にも選出され、2011根には金メダル、2013年には銅メダルの獲得に貢献しました。

高校卒業後、すぐに川崎フロンターレに行くことはありませんでしたが、2013年8月には同チームの特別指定選手として選手登録されることになります。

谷口彰悟の出身高校は大津高校

谷口彰悟選手は高校選手権常連の熊本県立大津高校に進学します。

高校2年生で出場したインターハイでは全国で3位になり、翌年にはキャプテンとして出場し、再び全国3位となりました。

当然、高校サッカー選手権の活躍も記載されていましたが、決勝戦でルーテル学院に敗れ高校3年生での選手権出場は叶いませんでした。

 県立高校に進学した谷口彰悟選手は文武両道で誰からも慕われる人物でだったようです。
当時の様子をチームメイトは以下のように語っています。

「彰悟は下からも上からも、同級生からも本当に慕われていました。みんな彰悟を認めていて、高3の時は『俺たちのキャプテン』と誰もが思っていた。

大津高校サッカー部の教えである『凡事徹底』を日頃からやっている人間で、僕も心から尊敬していたし、信頼していました。まさに大津サッカーの体現者ですよね」

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=104576

谷口彰悟の出身中学

谷口彰悟選手は地元の熊本市立長嶺中学校に進学します。

中学校の部活ではなく、地元の熊本ユナイテッドSCで3年間プレーしました。
今では183cmと大型選手ですが、中学生のころは身体的な成長が遅れていたようで、当時の様子を以下のように語っています。


中学生になると周りの選手と比べて体格に差がでてきて、僕は成長が遅い方で、特に身長がなかなか伸びず悩んでいました。小学生の時は県選抜に選ばれたりもしたので上手な方だったと思うのですが(笑)、中学生の頃から周りにどんどん追い越されて、試合でも活躍できない、どんなに練習をしても追いつけず悔しい思いをした時期でした。

http://5yell.jp/athlete/800026147/

 その後、高校生になって急激に身長が伸びたようです。

谷口彰悟の出身小学校

谷口彰悟選手の出身小学校は熊本市立長嶺小学校です。


小学生のころから熊本ユナイテッドSCでプレーしていましたが、小学生になったばかりのころは幼稚園児の時に通っていたチームでサッカーをしていたようです。

https://4years.asahi.com/


当時の様子を以下のように語っています。


卒園後、小学校でもサッカーをやりたかったのですが、低学年は部活が無い学校が多く、そのまま幼稚園の時のサッカーチームに行って練習をしていました。

そこに通っていた保護者が中心となって、「熊本ユナイテッドSC」というクラブを立ち上げてくれました。僕らの世代が創設メンバーでした。週3回くらい練習をしていましたね。

https://melos.media/children/24997/

 また、小学校低学年から6年生まで陸上教室に通っており、1年生から3年生まではエレクトーン、1年生から6年生まで習字にも行っていたようです。

まとめ

今回はJリーグきってのイケメンである谷口彰悟選手の学歴について調べた結果、今の日本代表では珍しい県立高校出身の選手であることがわかりました。

日本代表として、川崎フロンターレの選手として、県立高校出身選手として今後の活躍に期待したいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

サッカー
スポンサーリンク
Sブロ
タイトルとURLをコピーしました