スポンサーリンク

長嶋一茂と長嶋茂雄が絶縁した理由は3個!死ぬまで和解しないって本当?

スポンサーリンク
プロ野球
長嶋一茂,長嶋茂雄,絶縁,理由,和解

長嶋一茂さんは、「ミスタープロ野球」こと長嶋茂雄さんの長男。

かつてはプロ野球で活躍し、ジャイアンツ時代は親子で同じユニフォームに袖を通しました。

そんな2人は現在絶縁状態にあるという。

その理由を調査したところ3個が原因としてあがりました。

2人の関係は死ぬまで和解しないのでしょうか?

スポンサーリンク

長嶋家の家族構成について

https://marog01.com/nagasima-yuki-sister/

まずは、長嶋茂雄さん一家の家族構成について確認しましょう。

  • 長嶋茂雄 :父親。読売ジャイアンツ終身名誉監督、国民栄誉賞受賞
  • 長嶋亜希子:母親。2009年死去
  • 長嶋一茂 :長男。元プロ野球選手、タレント
  • 長嶋有希 :長女。一般人
  • 長嶋三奈 :次女。スポーツキャスター、起業家
  • 長嶋正興 :次男。元レーシングドライバー、環境活動家

長嶋茂雄さんは1965年に亜希子さんと結婚し、4人のお子さんを授かっています。

亜希子さんは2009年9月に64歳でお亡くなりになっています。

このことがきっかけであったかは定かではないですが、この時期から家族の関係が悪化し始めたようです。

長嶋一茂と長嶋茂雄が絶縁した理由3個

https://www.asahi.com/sports/gallery/20130401_nagashima_matsui/nagashima20050703.html

一茂さんと茂雄さんが絶縁関係となった理由を調査したところ、3つの事象が浮上しました。

「長嶋茂雄」商標登録トラブル

長嶋茂雄さんの夫人、亜希子さんは「株式会社オフィスエヌ」という会社で代表取締役を務めていました。

この会社は長嶋茂雄さんの個人事務所であり、肖像権などの権利を管理するビジネスも行っていました。

2009年に亜希子さんがなくなったことにより、次女の三奈さんが代表取締役を引き継ぐ形となっています。

一方で、一茂さんは野球界を引退後に自身が所属する個人事務所である、「ナガシマ企画」と言う会社を立ち上げています。

このナガシマ企画が、2008年に商標登録期限を迎えた「長嶋茂雄」の権利を取得したのです。

普通に考えると、商標権者は株式会社オフィスエヌなので、ナガシマ企画が更新登録申請書を提出しても、それは却下されたはずです。

ところが一茂さんが茂雄さんをだましてサインさせたと考えられ、ナガシマ企画が商標権者となって更新登録申請書が受理された、と推測できます。

この時、茂雄さんは「少年野球教室のことで協力してほしいからサインをしてほしい」といわれてサインをした、と主張したようです。

この件で、三奈さん・茂雄さんと一茂さんは対立することになりました。

双方で弁護士を立てた結果、最終的には商標権は株式会社オフィスエヌに戻ったようです。

https://www.oricon.co.jp/news/2046422/full/

長嶋一茂の家族物品売却事件

商標権トラブルと同じ年の2009年に、一茂さんが茂雄さんのゆかりの品物や母親の愛用品を無断で売却したということが報道されました。

一茂さんは無断ではないと否定していたようです。

売却先は福井市在住の有名コレクターで、自宅兼博物館で公開されているようです。

その資産総額は1億円以上にも上ると言われています。

商標権トラブルと併せて、この件でさらに溝が深まったようです。

長嶋一茂の叔母の存在

一茂さんの叔母で、母・亜希子さんの妹の存在が親子関係の溝を深くしたという噂もあがっています。

この叔母や、茂雄さんに対して圧倒的な影響力を持っていたらしく、一茂さんは「叔母は母が亡くなってから態度が豹変した」と語っていたようです。

茂雄さんが脳梗塞で倒れた後は後遺症が残っており、この叔母が後妻のように面倒をみているようで、長嶋家に深く関わっているようです。

詳しい情報はわかりませんでしたが、一茂さんが

「一連の長嶋家の不仲報道などのできごとは、すべておばさんの存在によって引き起こされた」

と語っていたことがあるらしく、何かしら関与していた可能性もありますね。

長嶋一茂と長嶋茂雄は死ぬまで和解しない?

https://news.mynavi.jp/article/20191025-914069/

一茂さんは、雑誌のエッセイで以下のように綴っています。

父とはもう13年会っていない

生きているうちに父と会うことは、もう二度とないだろう

偉大過ぎる父をもつ家庭には、一般人には考えられないような苦労があったのでしょう。

家族6人での旅行は一度もなかったとも語っており、そもそもが普通家族として成り立つことはなかったのかもしれません。

父だけではなく、妹たちや弟とも10年以上顔を合わせていないし、連絡もとっていない。父は野球の星から来た特別な存在だと思っている。もしまた妹弟たちに会えるとしたら、父が野球星に帰った時だろうか…。僕もいずれ同じ星に帰って、父とまたキャッチボールをするのが夢だ

GOETHE

どうしても言っておきたいことがある

それは日本中の長嶋茂雄ファンの中で、僕こそが一番の長嶋茂雄ファンだということを

GOETHE

一茂さんも関係を修復したいという気持ちがあるようですが、一度こじれた関係を元に戻すのは一筋縄には行かないようですね。

僕もいずれ同じ星に帰って、父とまたキャッチボールをするのが夢だ

という一節には、切なさを感じてしまいます。

まとめ

https://www.jiji.com/jc/d4?p=ngs333-jlp01047076&d=d4_bb

今回は、長嶋一茂さんと長嶋茂雄さんが絶縁した理由について調査しました。

過去の長嶋茂雄さんの商標権をめぐるトラブル、一茂さんによる家族のゆかりの物品売却事件がきっかけで、親子・兄弟関係が崩れていったようです。

その他、一茂さんの叔母の存在も絡んでいた可能性もあるようです。

長嶋茂雄さんが、緊急搬送されたという報道がありましたので、兄弟で見守ってほしい気もしますね。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

長島三奈と長嶋一茂の確執を時系列でまとめ!遺産を巡った骨肉の争い!

スポンサーリンク
プロ野球
Sブロ
タイトルとURLをコピーしました