箱根駅伝着用「ハーフタイツ」はどこのメーカーが人気?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
マラソン
箱根駅伝,着用,ハーフタイツ,マラソン,大迫傑,法政,ミズノ,ナイキ,

2022年箱根駅伝で話題となっているのが選手が着用している「ハーフタイツ」です。

長距離走界で、ユニフォームの下に着用している選手が増加し、注目を集めています!

ハーフタイツのメリットとデメリットは?

長距離走やマラソンでハーフタイツを履くメリットは、

  • 骨盤が固定される
  • 太ももの筋肉の振動を抑える
  • 走行時の酸素消費量を軽減する

と、走行時の無駄な動きを抑えて、効率よく走る事ができるようになるそうです。

反対にデメリットは、着用時の動きにくい事や圧迫感になりますが、最近はその動きにくさが改良されてきた為、普及に繋がってきたのだとか。

全日本駅伝でも、ハーフタイツを着用している大学が増えている事が分かりますね。

それでは、ランナーから選ばれるハーフタイツは何か見ていきたいと思います!

ハーフタイツの人気メーカーは?

大迫傑のハーフタイツはNIKE、ミズノ

まずは、大迫傑選手が履いていたハーフタイツは、

  • NIKE ナイキ エアロスイフト ハーフタイツ
  • ミズノ バイオギアソニックタイツLD

東京五輪男子マラソンでは、ミズノを着用していて、注目を集めています。

ミズノ バイオギアソニックタイツLD

ミズノのバイオギアソニックタイツLDは、創価大、法大など6校にタイツを提供しているそう。

箱根駅伝での着用実績は、過去2年の大会で倍増しています。

  • 20年大会では210人中11人
  • 21年大会は24人

また、21年大会では、1区の鎌田航生選手(法大)が区間賞。2区ではライモイ・ヴィンセント(国士舘大)が区間賞と、実績にも貢献しているよう。

まとめ

2022年箱根駅伝で注目を集めているギア、ハーフタイツ。

2022年もハーフタイツ着用者が増えるのではないかと見込まれています!

マラソンや長距離走の新しいスタイルに注目が集まっています。

マラソン
スポンサーリンク
Sブロ
タイトルとURLをコピーしました