スポンサーリンク

山本由伸のトレーニング方法や道具を調査!ストレッチや食事制限へのこだわりが凄い!

スポンサーリンク
プロ野球
山本由伸,オリックス,バファローズ,トレーニング,野球,食事

日本No.1投手との呼び声も高い山本由伸投手。

彼を初めて観た時は、「すごいピッチャーが出てきたな」と驚きました。

身長178cm、体重80kgとプロ野球のピッチャーとしては小柄な体格ですが、160km近いストレートや149kmのフォークなど投球内容はその体格からは想像できないほど。

一体どんなトレーニングをしてきたのか。

今回は山本由伸選手のトレーニング方法や道具、こだわりがあるというストレッチや食事制限について調査しました。

スポンサーリンク

山本由伸のトレーニング方法や道具について調査。

https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/hbnippon/sports/hbnippon-column-15879
  • 名前:山本由伸
  • 生年月日:1998年8月17日
  • 出身地:岡山県備前市
  • ポジション:投手
  • 所属チーム:オリックスバファローズ

山本由伸投手のピッチングの大きな特徴として、途中から伸びてくるような球質があります。

これは山本選手の体のしなりや柔軟性から生み出されるものです。

現在のプロ野球では一般的となり、多くの選手が取り入れているウェイトトレーニングを山本選手は行っていません。

『体幹をしっかりさせ、どんな体勢でも力を出せるように』

『上手く身体を使い柔らかさの中に強さを発揮できるように』

この2つを重視し、独特で様々な方法のトレーニングを行っています。

そのうちの1つが、ジャベリックスロー(やり投げ)トレーニングです。

https://hochi.news/articles/20190805-OHT1T50280.html

やり投げをピッチング練習に取り上げた選手は過去にいないのではないでしょうか。

山本選手がやり投げをトレーニングに取り入れた理由として、『遠投に似ている。全身を使わないといけないので、肘関節の負担を軽減するために、あえて肘を使わない感覚を掴むため』だそうです。

それがリリースでの力の入れ具合が変わって、速いカットボールを投げられるようになったそうですよ。

長くて重いものをまっすぐ投げる練習は、故障を防ぐフォームの確率と投球に必要な筋力アップにプラスになる事が、山本選手の活躍で証明されましたね。

山本由伸のストレッチや食事制限へのこだわりとは?

https://pacificleague.com/news/46267

山本選手が筋肉を鍛えなくなった理由の1つに、「女性がいくつも米俵を担いでいる写真を見たこと」だそうです。

「コツを知っているから持って運べる、だから筋肉じゃない。自分の身体の重心を明確にし、力で持ち上げているわけではなく、うまく乗せている。投げるのも一緒。」と考えた山本選手。

筋肉に頼ることはやめ、体の使い方やコツを意識するようになりました。

山本由伸のピッチングの秘密はストレッチの効果?

https://tarzanweb.jp/post-263496?heading=2

山本選手の現在の独特の投球フォームはプロ野球選手になってから、作り上げたものです。

オリックスに入団するまで、一般的なフォームで投げていました。

入団して1年目、試合のあとの張りがひどかったんです。これじゃ、ローテーションでは投げられないと思いました。そのときは中10日(一度投げたあとに10日を空ける。日本のプロ野球では中5日、中6日が多い)だったんですが、それだけ休んでも張りが収まってくれない。どうにかしないとダメだと感じていましたね。

Tarzan web

この年のオフ、筒香嘉智選手と自主トレを行った際に、同行したトレーナーにそのことを相談したそうです。

肘に張りが出るということは、そもそもカラダの使い方が間違っていると言われました。そこから、すべてを変えていったんですね。バランスよく必要なところに筋肉がついていくようなトレーニングを行いました。

まっすぐ立つ練習から始めて、軸を保てるような姿勢、骨盤の動き、胸郭の向き、呼吸のときの空気の入れ方、そんなところからやっていったんです。

Tarzan web

呼吸のときの空気の入れ方なんて考えたことありますか?

そこまでこだわりを持って意識を変えていかないと超一流になるのは、難しいんでしょうね。

ブリッジをしたトレーニングもその一つ。

ブリッジをした状態で足を上げたり回転したりするのは、相当な体幹の強さと筋力が必要ですよね。

このトレーニングだけでも、肩関節や胸郭、股関節の柔軟性と連動が鍛えられるとか。

自らの身体を使って行う自力本願的トレーニングでピッチングに必要な筋力とバランス・柔軟性を鍛えているんですね。

山本由伸の食生活は?

https://hrdm.jp/news/13054/

山本選手は食事にもこだわりを持ち、サッカー日本代表の浅野拓磨選手の専属調理師でもある、菊池慶祐さんを2020年から招き、食事や栄養の管理を行っているそうです。

当初、マッサージなど身体のケアには気を使っていたものの、軽い肉離れなどが多く、その中で改善しようとしたものが食事だそうです。

食事についてしっかり取り組むようになってからは、疲労回復のスピードが速くなったと思えるようになったし、1年間カラダに不安なく過ごすことが出来たと語っていました。

身体に直接入ってくるものなので、いまではトレーニング以上に食事を重視しているそうです。

まとめ

日本球界だけでなく、メジャーからも注目されている山本由伸選手の、トレーニング方法や道具、ストレッチや食事制限について今回は調べました。

筋肉を鍛えずに独特のトレーニング方法で、日本No.1投手まで上り詰めた山本選手。

このまま世界No.1と呼ばれる日が来るのかどうか、非常に将来が楽しみですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
プロ野球
Sブロ
タイトルとURLをコピーしました