スポンサーリンク

豊ノ島(井筒親方)の嫁は元歌手の竹内沙帆!子供は娘が一人

スポンサーリンク
スポンサーリンク
相撲
豊ノ島,竹内沙帆,嫁,子供,相撲,井筒親方,時津風部屋
スポンサーリンク

豊ノ島大樹(とよのしまだいき)氏は、高知県出身で時津風部屋に所属していた元力士です。

現役時代の最高位は東の関脇で、2020年3月場所の終了後に現役を引退し、引退後は年寄株を購入し、井筒親方として後進の指導や取り組みの解説にあたっていました。

今回はそんな豊ノ島氏の奥様とお子さんについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

豊ノ島の嫁は竹内沙帆!

豊ノ島氏は2011年2月に結婚しています。

お相手は竹内沙帆(たけうち すなほ)さんと言って、元々歌手をやっていた方なんだとか。

豊ノ島氏より2つ年上の姉さん女房で、富山県出身で1991年生まれの方です。

http://dekigoto1100.seesaa.net/article/446410396.html

こちらが竹内沙帆さんの写真です。

少し若い頃だとは思いますが目が大きくてとても美人な方ですよね。

調べてみたら、2000年にはミス京都コンテストでグランプリに輝いたことがあるようです!

1998年に秋元康氏プロデュースで歌手デビューし、2009年まで歌手活動を継続、2010年2011年はSMASHのプロレス部門でリングアナウンサーを務めるなど、「声」のお仕事をされていました。

2011年に豊ノ島氏と結婚した後は、表に出る活動はされていないようですね。

豊ノ島と嫁の馴れ初めは?

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2011/10/01/gazo/G20111001001737260.html

豊ノ島氏と奥様の竹内沙帆さん、どのようにして出会ったのでしょうか?

2人の出会いは結婚から2年前の2009年でした。

共通の友人の誕生会を通じて知り合ったようです。

容姿端麗な沙帆さんに豊ノ島氏が一目惚れをし、猛アタックしたんだとか…。

そんな猛アタックが実り交際が始まった2人ですが、結婚するには条件があったみたいです。

その条件とは「二桁勝利と三賞の受賞」でした。

当時の豊ノ島氏は、よっぽど奥様のことを愛していたのでしょう。

2010年の9月場所では14勝1敗で優勝、11月場所でも14勝1敗という成績を残し技能賞、敢闘賞を受賞しました。

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2010/09/20/gazo/G20100920Z00002380.html

愛の力はすごいですね!

沙帆さんも、豊ノ島ならできると思って条件を出したのではないかと思います!

豊ノ島と嫁の間に子供は何人?

豊ノ島氏と沙帆さんの間には、お子さんが1人います。

2012年7月6日に長女の希歩(きほ)ちゃんが誕生しています。

https://twitter.com/sunahosmile/status/1531272477930057730?s=61&t=jcc-wbhhBmfHrToxElQbvA

一人娘ということで、豊ノ島氏は希歩ちゃんを溺愛しているようですが、希歩ちゃんもお父さんのことが大好きで、取り組みを見るのをとても楽しみにしていたんだそうです。

豊ノ島氏が現役を引退するときは、希歩ちゃんがとても嫌がったみたいです。

力士である父親のことをとても誇らしく思っていたんでしょうね。

「千秋楽が終わってから、時間をかけて話をしました。(豊ノ島から)話を聞いてねと言っても、どういう話になるか分かっているんでしょうね、『聞かない』『やだ』と言うんです。

『普通のお父さんになって欲しくない』と言っていました。お父さんは足も痛いし、体もしんどいよ、と3日間くらいかけて説明しました。『お金は貸してあげるって言ってるでしょ』とも言ってました。でも、きーちゃんも、お金がなくなっちゃうからね、と」

https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/202004180000302.html

そんな希歩ちゃんの許しを無事に得て、豊ノ島氏は引退しました。

現役中は稽古や遠征も多かったでしょうから、これからは一緒に過ごす時間も少しは増えるのではないかなと思います。

まとめ

豊ノ島大樹氏の奥様とお子さんについてご紹介しました。

引退後は井筒親方として活動していた豊ノ島氏ですが、2023年1月4日に相撲協会を退職し、今後はタレントとして活動することになりました。

元々トークもお上手な豊ノ島氏は、バラエティ番組にも出演したことがあり、今後は外から相撲を盛り上げて行きたいという気持ちが高まったようです。

今後は家族3人でテレビに出演する姿を見ることがあるかもしれませんね!

楽しみに待っていたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
相撲
Sブロ
タイトルとURLをコピーしました