スポンサーリンク

尾﨑野乃香の学歴まとめ(慶應大学・高校・中学校・小学校)レスリングを始めたきっかけは吉田沙保里?

スポンサーリンク
レスリング
尾崎野乃香,学歴,大学,高校,中学校,小学校,きっかけ,レスリング,吉田沙保里,

パリオリンピックを目指す19歳の慶応大生、尾﨑野乃香選手。

文武両道を貫く彼女の学歴を知っていますか?

レスリングを始めたのは吉田沙保里選手だったのだそう

今回は慶応大学初となるオリンピック女子レスリングのメダルを狙う尾﨑選手について調べました。

スポンサーリンク

尾﨑野乃香の学歴まとめ

それでは、早速尾崎野乃香選手の学歴を大学から順に遡ってみていきましょう!

慶應大学

2021年春、尾﨑選手は慶応義塾大学に進学しています。

授業がある日は都内の自宅からなんと2時間もかけて環境情報学部のある神奈川県藤沢市のキャンパスに通っています。

寝不足になることが不安材料とのことですが、往復の通学時間で勉強したりすることで勉強とレスリングの両立はできると確信しているのだとか。

学問に対する旺盛な研究能力はレスリングにも発揮されています。

尾﨑選手はレスリングを感覚的にやってしまうことで起こるスランプについても先回りして考えているようで

レスリングを感覚的にやっているだけだと、(途中から)通用しなくなってしまう部分もあると思う。

どうしたら自分の技がかかるのか。自分に何が足りないのか。そういうことを考える必要がある。勉強もそうで、どうしてわからないのかを考えるクセがついている

とインタビューで語っています。

今後は心理学・語学を学びたいとのこと。

スポーツだけに偏らないあたりに精神的な強さを感じますよね。

学問を学んだ尾﨑選手、鬼に金剛となるのでしょうか?!

  • ジュニアクイーンズカップ ジュニアの部62kg級 優勝(2021年)
  • 全日本選抜選手権62kg級 優勝(2021年)
  • 世界選手権62kg級 3位(2021年)
  • 全日本レスリング選手権大会62kg級 優勝(2021年)
  • ジュニアクイーンズカップ ジュニアの部62kg級 優勝(2022年)
  • アジア選手権62kg級 優勝(2022年)
  • 全日本選抜選手権62kg級 優勝(2022年)
  • 世界ジュニア62kg級 優勝(2022年)
  • 世界選手権62kg 優勝(2022年)

帝京高校

JOCエリートアカデミーの所属になると同時に帝京高校に通うことになります。

帝京高校といえば、横浜DeNAベイスターズの山崎康晃をはじめ多くのスポーツ選手を輩出している名門校ですよね。

偏差値は普通科特進コースで57、普通科アスリートコースで50ですが

慶応大学へ進学した尾﨑選手の活躍を考えると偏差値は低めな印象を受けます。

寮生活は送らず、実家から通い続けていたようです。

成績はオール5。

「オリンピックで金メダルをとる」という目標をかかげる前は

「人の役に立つ仕事がしたい」と医師を目指していたのだとか。

高校一年生の時に出場したユースオリンピックで、最年少ながらも優勝した際に

現地取材をした記者のかたが

「15歳とは思えぬほど、しっかりとした受け答えという印象を受けた」

といっています。

トップアスリートで頭がいいって、無敵ですね。

高校時代も連戦連勝。

連勝記録を更新し続ける尾﨑選手には多くのスカウトがきていたことでしょう。

強豪校のスカウトに「何が何でも尾崎を獲れという指令が出ている」と言わせた尾﨑選手ですが、進学の意思は固かったようです。

高校最後のインターハイ優勝後、自らの意志で慶応大学へ進学する決意を示しました。

レスリングだけではなく、勉強も頑張りたいと思ったので。

ただ、勉強も大変で、練習と勉強の日々です。でも、勉強が大変だからレスリングを疎かにするということは絶対にない。勉強を頑張る分、レスリングのこともさらに考えようと思っています

誰もが応援したくなるストイックさですね。

  • クリッパン女子国際大会 カデットの部53kg級 優勝(2018年)
  • ジュニアクイーンズカップ カデットの部57kg級 優勝(2018年)
  • JOC杯カデットの部57kg級 優勝(2018年)
  • アジアカデット選手権57kg級 優勝(2018年)
  • 世界カデット選手権57kg級 優勝(2018年)
  • ユースオリンピック57kg級 優勝(2018年)
  • クリッパン女子国際大会 カデットの部61kg級 優勝(2019年)
  • ジュニアクイーンズカップ カデットの部61kg級 優勝(2019年)
  • 世界カデット選手権61kg級 優勝(2019年)
  • クリッパン女子国際大会 カデットの部61kg級 優勝(2020年)
  • 全日本レスリング選手権大会62kg級 優勝(2020年)

成城学園中学校

尾崎野乃香選手の出身中学校は成城学園中学校です。

成城学園中学校高等学校 活動報告2016.04.28より

東京世田谷区にある中高一貫学校で、大学まであります。

小田急線の駅名にもなってますよね。

成城学園中学校の入試で必要な偏差値は女子で55。

小学校時代からレスリングで忙しかったはずですが、

いつ中学受験の勉強をしていたんでしょうね。

筆者は30代後半ですが、このころの尾﨑選手にすら勝てる気がしません。

中学校時代の尾﨑選手は柔道・レスリング同好会に所属し、優秀な成績をのこしていました。

  • 全国中学生選手権40kg級で2位(2015年)
  • 全日本女子オープン選手権57kg級(中学生の部)2位(2015年)
  • JOC杯カデットの部43kg級 3位(2016年)
  • 全国中学生選手権44kg級 優勝(2016年)
  • 全日本女子オープン選手権48kg級(中校生の部)2位(2016年)
  • ジュニアクイーンズカップ52kg級(中学生の部)優勝(2017年)
  • 全国中学生選手権52kg級 優勝(2017年)
  • 全日本女子オープン選手権52kg級(中校生の部)優勝(2017年)
  • 全国中学選抜選手権52kg級 優勝(2017年)

小学校

小学生時代、尾﨑選手は足立区千住中居町に住んでおり

学区外の小学校に通っていたようです。

近くの小学校に通わないって、尾﨑選手の学力にあわなかったということでしょうか。

気になりますね。

尾崎野乃香がレスリングを始めたきっかけは吉田沙保里だった!

小学2年生の時、「霊長類最強女子」の異名を持つレスリング界のカリスマ

吉田沙保里選手にあこがれてレスリングを始めました。

ORICON NEWS

当時の尾﨑選手はヒップホップダンスやテニスをしていたそうですが、

「これが自分に一番合っている!」と本人が言ったそうです。

小学生ながらにピンと来たんでしょうね。

それもすごいですが、すごいのはそのカンが当たっていたということ。

シドニーオリンピック代表で総合格闘家の宮田和幸が主宰する

BRAVE GYMでレスリングを始めて間もなく頭角を現します。

男子よりも早いと言われる得意の高速タックルやアンクルホールドなどで

小学5年生の時から全国少年少女選手権大会で2連覇を達成。

尾﨑選手の生年月日は2003年3月23日。いわゆる早生まれ。

生まれるのがあと2週間も遅ければひと学年下ですよ?!

早生まれのハンデを一切気にさせない点でも驚きです。

中学校に進学しても尾﨑選手の快進撃は止まりません

まさに向かうところ敵なし、数々の大会で優勝を飾っています。

いつ受験勉強していたんでしょうね。

そもそも受験勉強したのか不思議になるほどです。

まとめ

レスリングの期待の星、尾崎野乃香選手の学歴や優勝歴についてまとめました。

この調子で快進撃を続ければ、憧れの吉田選手を越えてしまうかも?!

さらなる活躍が楽しみですね。

スポンサーリンク
レスリング
Sブロ
タイトルとURLをコピーしました