【2023最新】大谷翔平の年俸推移を時系列でまとめ!スポンサーも凄い!

メジャーリーグのエンゼルスで活躍し、二刀流という類まれなる才能を発揮している、大谷翔平選手。

メジャーリーグの年間MVPを獲得し、現在もその勢いはとどまることなく、日本代表としてWBCで活躍したのも記憶に新しいですね。

そんな大谷翔平選手ですが、年俸の推移が気になりますね。

今回は、大谷翔平さんの年俸推移について、調査しました!ぜひ、最後までご覧ください。

目次

大谷翔平の年俸推移を時系列でまとめ!

大谷翔平選手の年俸推移は、以下の通りです。

北海道日本ハムファイターズ時代

スポニチ
年度 年齢 推定年俸 差額 備考
201319歳1,500万円契約金1億円+出来高5,000万円
201420歳3,000万円+1,500万円
201521歳1億円 +7,000万円
201622歳2億円+1億円
201723歳2億7000万円+7,000万円

大谷翔平選手は2013年、ドラフト1位で日本ハムファイターズに入団しました。

当初は年俸1,500万円からスタートし、契約金は1億円でした。

これまで、投手と打手の二刀流は例が無かったので、だんだん評価されていき、年俸は順調に増えていきまいsた。

2015年には、入団3年目で年俸が1億円に到達しています。

デビュー3年目で年俸が1億円以上になったのは、松坂大輔選手以来2人目の快挙です

  • 新庄剛志:12年
  • イチロー:5年
  • 田中将大:4年
  • ダルビッシュ有:4年

名だたるの選手よりも早いことから、大谷翔平選手がいかに逸材なのかがわかりますね!

ロサンゼルス・エンゼルス時代

スポニチ

※1ドル=110円換算

年度年齢推定年俸差額備考
201824歳54万5,000ドル(約6,000万円)メジャー最低保障額-日ハムへの譲渡金2000万ドル(約22億円)
201925歳65万5,000ドル(約7,200万円)+9万ドル
202026歳70万ドル(約7,700万円)+4万5,000ドル※60試合のため約37%減
202127歳300万ドル(約3億3,000万円)+230万ドル2年総額850万ドル(約9億3,500万円)
202228歳550万ドル(約6億500万円)+250万ドル
202329歳3000万ドル(約33億円)+2450万ドル

メジャーリーグ1年目は、日本ハム時代よりも大きく値を下げていますが、2021年以降から大きく上昇しています。

2023年ではなんと33億円という破格の契約で、年俸調停を回避しています。

大谷翔平選手は、日本ハム入団前から、メジャーリーグに強く憧れていました。

2017年のシーズン終了後に、ポスティングシステムでメジャーリーグに移籍することを決めます。

2018年には、ロサンゼルス・エンゼルスに入団しました。

通常、メジャーリーグに移籍した選手は、日本にいた時より年俸が増えることが多いです。

しかし、大谷翔平選手はエンゼルス入団1年目で、年俸は約6,100万円。まさかの2億円以上のダウンでした。

なぜ、年俸が大幅に下がってしまったのかというと、労使協定が原因のようです。

海外の選手がアメリカの選手と同程度になるには、25歳以上かつ自国でのプロ経験が6年以上、という条件があります。

大谷翔平選手はまだ23歳、しかも日本ではプロ経験が5年でした。

そのため、条件に合致せず、マイナー契約となってしまいます。

その結果、最低保証金額からのスタートとなってしまったのです。

もちろん、大谷翔平選手はその規定を知っていましたが、年俸が下がったとしても、早くメジャーリーグに行きたかったのでしょう。

お金よりも、自身の成長と夢を叶えることを選んだというわけですね。

大谷翔平は日本人最高年俸へ!

スポニチ

2年目には、7,860万円と微増しましたが、日ハム時代にはまだ及びません。

また、2020年には新型コロナウイルスの影響により、試合数が激減してしまいます。

そのため、通常年俸の37%にまで減額される、という事態となりました。

しかし、2021年に年俸調停の権利を獲得し、大幅に年俸が増額していきます。

2023年は、日本円にしてなんと43億円!前年の5億7,000万円から、8倍といった超高額な契約となりました。

これは、メジャーリーガーとなった日本人選手の中で、最高額となります。

また、1年契約の年俸額では、メジャーリーガー最高額を更新しています。

労使協定や新型コロナウイルスなどの困難を乗り越え、ここまでの年俸へたどり着いたのは素晴らしいですね。

2024年の年俸は?

スポニチ

大谷翔平選手は、シーズンMVPの受賞や、数々の受賞歴があるので、「まだまだ高額になるのでは」という意見もあります。

FA取得後からが本番と言われているので、来年はさらにものすごい年俸総額で契約するでしょう。

報道で出ている情報によると、

  • 10年間総額6億ドル(約720億円)→1年あたり72億円(!)
  • 7年間総額2億8000万ドル(約336億円)→年あたり48億円
  • 8年間総額3億2000万ドル(約416億円)→1年あたり52億円

このいずれかではないか?と言われています。

バッターだけでもジャッジ選手(9年間総額3億6000万ドル)に匹敵するレベルで、プラスして投手としての評価もあります。

ただ、2023年8月24日の試合で肘の靭帯損傷が判明し、大型契約に暗雲が立っているのが心配ですね。

いずれにせよ今後、MLBの最高年俸選手になる可能性が高いでしょう。

大谷翔平のスポンサーも凄い!

スポーツ選手の収入は、年俸だけではありません。

スポンサー契約をしている企業からの、スポンサー収入が大きな割合を占めています。

大谷翔平選手は、日本のスポーツ界のトップと言えるほど、スポンサー企業からのオファーが絶えません。

現在は、なんと17社が契約しています。

そのため、年俸とスポンサー収入を合わせて、年収は83億円にものぼると言われています!

これは、2023年のメジャーリーガーでは、最多の契約数で、トップの収入です。

大谷翔平選手の主なスポンサー企業は、以下の通りです。

  • ファナティクス(スポーツメーカー)
  • アシックス(スポーツメーカー)
  • デサント(スポーツメーカー)
  • オークリー(スポーツメーカー)
  • 三菱UFJファイナンシャル・グループ
  • FTX 暗号取引資産所
  • HUGOBOSS(アパレルメーカー)
  • セイコー(時計メーカー)
  • コーセー「雪肌精」 (化粧品メーカー)
  • 興和(製薬会社)
  • ザバス(プロテインメーカー)
  • JAL(航空会社)
  • ポルシェ(高級スポーツカーメーカー)

誰もが知っているような大手企業で、スポーツメーカーが多いですね。

スポンサー収入とは、契約金以外にも、物品など多くのサポートを受けることができます。

大谷翔平選手は、野球選手として、サポートもきちんと考えて契約しているようですね。

2021年にメジャーリーグ年間MVPを受賞し、2023年にはWBCで活躍し、さらにオファーは増加しました。

なんと、約40社からスポンサーオファーがあるそうですよ!

中には、1年で3~4億円の契約金を提示する会社まであるそうです。

2022年のスポンサー契約料は推定2,000万ドル(日本円:29億5,000万円)となるので、2023年は30億円越えは確実でしょう。

また、大谷翔平選手の活躍により、所属チームのロサンゼルス・エンゼルスにも、スポンサーが増加しています。

最近では新たに、船井電機、JAEエレクトロニクスが加わりました。

大谷翔平選手の影響が、チーム全体にまで及んでいるとはさすがですね!

まとめ

今回は、大谷翔平さんの年俸推移について、紹介しました!

日ハム時代から最速で1億円プレーヤーとなり、メジャー1年目は年俸が大幅ダウンしたものの、現在は歴代最高年俸となっています。

スポンサーも17社と契約を結び、年収もあわせてメジャーリーガートップとなっています。

今後の情報にも注目ですね。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

あわせて読みたい
大谷翔平の兄がイケメンで嫁はミス高知!超美女と噂で画像調査! メジャーリーグのエンゼルスで活躍し、二刀流として才能を発揮している、大谷翔平選手。 本拠地のジャイアンツ戦では、今季10勝目を挙げ、史上初となる2年連続「2桁勝利...
あわせて読みたい
大谷翔平と村上宗隆が似ている理由は3つ!不仲説やツーショット画像を調査! WBCで日本代表として大活躍を見せてくれている大谷翔平選手! そして、スランプに陥った中で復活を遂げ笑顔を見せてくれた村上宗隆選手! この2人が似てると言われてい...
あわせて読みたい
大谷翔平の家族構成は5人!父親・母親・兄・姉の職業などを調査! みちのくのダルビッシュと呼ばれ2012年に鳴り物入りで日本ハムファイターズに入団した大谷翔平選手。 入団初年度から投手としては初勝利、打者としては初本塁打を放つな...

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次