欧州サッカー日本人選手ランキングBEST5!!2021年活躍した選手と移籍情報は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サッカー
欧州サッカー,日本人選手,活躍,2021,2022,板倉滉,三笘薫,伊東純也,古橋享梧,冨安健洋,

皆様こんにちは! 

欧州サッカーは2021年も盛り上がりましたね!

今回は、2021年に活躍した欧州でプレーする日本人選手を、個人的ランキング形式で5人ご紹介したいと思います!!

欧州サッカー日本人活躍ランキングBEST5

第5位 板倉 滉(シャルケ)

第5位にランクインしたのは板倉滉 選手です!

板倉選手はご存じの通りマンチェスターシティに獲得された選手でありながら

東京五輪代表の中心選手として活躍された後にかつて内田篤人選手が所属していた

シャルケ(ドイツ)に移籍した選手です!!

板倉選手はシャルケに加入するやいなや定位置を確保し、すぐに周りに溶け込みチームに不可欠な存在になって見せました。

シャルケでは3バックの一角を担っておりながらも一個前のボランチでもプレーできるという

器用さとパワーを兼ね備えた選手です。

また、今年の前半戦ではCBながら2得点をマークしており、チームで攻守両方において重要な

役割を担っております。

まだ若いので今後が楽しみな選手の1人です!

このような理由で板倉選手を5位にランクインさせていただきました!!!

第4位 三笘薫(ユニオンSG)

第4位に選ばせていただいたのは

Jリーグ時代は川崎フロンターレ優勝の原動力として活躍したのちにブライトンに移籍後

レンタル移籍でユニオンSG(ベルギー)に加入した三笘 薫 選手です!!

今年自身初の欧州挑戦をした三苫選手は16試合出場6ゴール3アシストと獅子奮迅の活躍をベルギーでも見せています!!

しかもこのユニオンSGはベルギー1部に昇格したばかりですが三笘選手の活躍もあり現在は1位に躍り出ています。

また、三笘選手のドリブルは国内だけでなく海外にも通用するという事を知らしめ日本代表にも召集されるようになり期待が高まるばかりです!

そして保有元であるブライトン(イングランド)への移籍も最近では噂されています。

これからのステップアップにもプレーにも要注目な選手です!!!!

第3位 伊東純也

第3位にランクインしたのは

クラブでも代表でも別格の存在感を見せてくれている伊東純也選手です!!

伊東選手は現在クラブでは4ゴール8アシストと目に見える結果を残しています。

また日本代表でもこの前のベトナム戦でゴールを決めるなどどちらでも活躍をなさっています。

そしてELでも欧州の有名クラブ相手にも存在感のあるプレーを見せてくれました!

所属しているヘンク(ベルギー)ではCFのオヌアチュ選手とのホットラインを形成しており

昨シーズンには二桁ゴール、アシストを達成しており、今シーズンもそのホットラインは健在です。

しかし、そのオヌアチュにステップアップの噂があり伊東選手ももう28歳という事もあり最後のステップアップとして5大リーグに移籍してほしいと個人的には期待しています。

第2位 古橋享梧(セルティック)

第2位にランクインしたのは

かつて世界的FKの名手が所属していたセルティック(スコットランド)に移籍した

古橋享梧選手です!!

古橋選手は加入後すぐにゴールを量産し、現在16ゴールを決め優しい性格も相まってか現地でも愛される存在となっています。

またカップ戦決勝では0-1で負けている状態から2ゴールを決めてチームをカップ戦優勝まで導きました。

その活躍もあり代表戦では古橋を何故CFのスタメンで起用しないのか疑問の声も多く挙がりました。

また、古橋選手は移籍1年目でありながらプレミアリーグのチームに移籍するうわさが出ておりすでに世界に認知されていることが分かります。

そして何より来年もこの勢いを落とすことなくゴールを量産していって日本代表でも起用されるようになってほしいです!!

第1位 冨安健洋(アーセナル)

第1位に選んだのは8月31日にイングランドの名門アーセナルに移籍が発表された冨安健洋選手です!!

アーセナルはここ数年過去の輝きを失い落ちた名門となっていました。

特に今シーズンの序盤は最下位の20位に位置しておりました。

そのような状況で移籍してきたのが冨安選手でした。

冨安選手に対してファンやクラブOBの方々は最初は疑念の目を向けていました。

しかし冨安選手が移籍し、出場してからというもの10戦も無敗な状況が続きその中でも冨安選手が

アーセナルの不安要素である守備面を大幅に改善するほどの傑出したプレーを続けた結果次第にファンたちは評価を改め冨安選手が良い選手だという事を認めました。

こうやって冨安選手は実力でファンからの信頼を手に入れたわけですが、その証拠として9月のクラブ月間MVPに冨安選手は選出されています。

また、トッテナムとの「ノースロンドンダービー」ではマッチアップした韓国代表ソンフンミンに

多くな仕事はさせずアーセナルの勝利に多大なる貢献をしました。

そして、冨安選手の活躍もありアーセナルは現在CL圏内の4位まで浮上しました!

年が明けたらまたシーズンが再開するのでそこでも冨安選手の活躍を祈っています!!!

まとめ

今回はいかがでしたでしょうか?

個人的には古橋選手の今後のステップアップがどうなるのかが非常に気になります(笑)

そして冨安選手には今後も名門復権のためにも活躍してほしいですね!!

また、紹介になかったのですが久保建英選手も今年は怪我がありましたが復帰から調子を上げ続けれいるのでとても期待しています!!

皆様も来年以降の欧州サッカーで是非今回ご紹介したこの選手たちに少しでも注目していただけたら嬉しいです!!

ありがとうございました!!!

※今回紹介した選手以外にもいい選手はたくさんいらっしゃいますがあくまでも個人的ランキングなのでご理解お願いします。

サッカー
スポンサーリンク
Sブロ
タイトルとURLをコピーしました