スポンサーリンク

村田兆治の自宅は世田谷成城の豪邸!妻や子供は別居中だった!

スポンサーリンク
プロ野球
村田兆治,自宅,世田谷成城,豪邸,妻,子供,別居中

村田兆治さんは、「マサカリ投法」で有名な元プロ野球選手。

通算勝利215勝をあげ、名球会に選出されている球界のレジェンドです。

2022年11月11日に自宅で火災があり、村田さんが亡くなったという報道がありました。

火災があった村田さんの自宅や、妻や子供との関係を調査しました。

スポンサーリンク

村田兆治の自宅は世田谷成城の豪邸

2022年11月11日、世田谷区成城にある村田さんの自宅で火災があり村田さんが遺体で発見されました。

自宅の2階から出火し、2階部分の約40平方メートルが焼失したということです。

以下は、火災後の自宅の様子。

https://friday.kodansha.co.jp/article/274575

世田谷区成城という高級住宅地に存在する村田さんの自宅。

その自宅について調査したところ、「株式会社村田兆治オフィス」という会社が存在するようです。

この会社の住所が「東京都世田谷区成城9丁目16番3号」となっており、自宅兼オフィスであればこれが自宅ということになりますね。

世田谷区成城といえば、高級住宅地。

大物芸能人の自宅が多数あることでも有名ですね。

ダウンタウンの浜ちゃんや、所ジョージさんの世田谷ベースも成城らしいです。

村田さんの自宅も豪邸のようで、やはりプロ野球で一時代を築いた選手ならではですね。

googleマップ
googleマップ

村田兆治は妻や子供と別居中だった?

https://bunshun.jp/articles/photo/58728?pn=1

火災があった自宅には、村田さん本人しかいなかったようです。

深夜に起きた火災の中、ひとりであったということは家族と一緒に住んでいなかったのでしょうか。

調査したところ、村田さんはここ最近ひとりで生活をしていたようです。

近隣住民のかたは以下のように話しています。

「息子さんも娘さんも独立され、奥さんの姿もここ何年も全く見かけません」

離婚や別居が考えられましたが、お子さん2人は既に独立、奥さんは介護のために施設に入っていて、ひとり住まいだったと考えられます。

村田さんは、妻の淑子さんと2人のお子さんがいるようです。

妻の淑子さんは、英文科の短大を卒業しており、イギリスに語学留学もしていた語学に堪能な方です。

この経験を活かしてか、キャセイパシフィック航空のグランドスタッフのキャリアを持っています。

村田さんが、肘の故障の治療のためアメリカに渡りいわゆる「トミー・ジョン手術」を受けた際には、付き添って通訳の役割を担ったそうです。

献身的に村田さんを支える良き妻だったようですね。

https://deathwish.jp/muratachoji-bride/

以前の報道で、奥さんとは離れて暮らしているかという質問に対して、以下のような回答をしています。

「歳も歳ですから。介護の問題とか色々あるしね」

淑子さんは村田さんの2歳年上で、当時74際。

介護が必要な状態で、介護施設に入っており村田さんの自宅には住んでいなかったという可能性があります。

お子さんは息子さんと娘さんの2人がいるようですが、詳細な情報は出回っていませんでした。

息子さんが電通勤務、娘さんがテレビ情報雑誌編集社に務めていたという噂が挙がっています。

いずれにしても、村田さんが当時72歳ということでお子さん2人とも30~40代の可能性が高いので、既に独立して成城の自宅には住んでいなかったと考えられます。

村田兆治のプロフィール

https://meikyukai.jp/members/honor/choji-murata/
  • 名前:村田兆治(むらた ちょうじ)
  • 生年月日:1949年11月27日(享年72歳)
  • 出身地:広島県豊田郡本郷町(現:三原市)
  • 経歴:東京オリオンズ・ロッテオリオンズ
  • 通算勝利数:215勝

まとめ

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/08/30/gazo/G20130830006516960.html

今回は村田兆治さんの自宅や、家族との住居状況について調査しました。

自宅は世田谷区成城の豪邸で、オフィスを兼ねた自宅のようです。

お子さんが2人いるようですが、すでに独立しており、奥さまは介護の問題で別々で暮らしているようでした。

近年はひとりで自宅に住んでいたようで、その中で発生した火災でした。

引退後もテレビ番組の企画や始球式などで、130km/h近いの速球を見せるなどファンを楽しませてくれていた村田さん。

球界に残したものも数知れず、野球関係者らはショックを受けているようです。

ご冥福をお祈りいたします。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
プロ野球
Sブロ
タイトルとURLをコピーしました