桃田賢斗の事故の後遺症が残る理由は3つ!完全復帰には何が必要か? 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
バドミントン
桃田賢斗,バドミントン,事故,後遺症

桃田賢斗選手は日本の男子バドミントン選手です。

元世界ランク1位の選手で、2019年に達成した国際大会年間11勝はギネス記録として認定されています。

2016年には違法カジノ店への出入りが発覚し無期限の活動停止処分を受けましたが、復帰後の姿を応援している方も多いと思います。

https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/4393937/

そんな桃田賢斗選手が2020年のシーズン中に事故に遭われたのは記憶に新しいのではないでしょうか?

今回は桃田賢斗選手の事故と、後遺症について調べてみました。

桃田賢斗の事故の概要

https://www.afpbb.com/articles/-/3263255

桃田賢斗選手が事故に遭ったのは2020年、マレーシアでの大会を終えた直後でした。

帰国のためにクアラルンプール国際空港へ向かう途中、乗っていたバンが前方を走るトラックに衝突、運転手は死亡、桃田賢斗選手自身も裂傷や全身打撲の怪我を負い、そのまま入院しました。

幸いにも桃田賢斗選手自身は命に別状なく、3日後には退院し日本へ帰国しました。

桃田賢斗選手は3月に入ってからのインタビューで

あの事故で亡くなってしまった方がいる。ラッキーと思ったことは一度もない。まだバドミントンを続けるチャンスがある。バドミントン界にいい影響を与えられる選手になりたい

https://www.sanspo.com/article/20200306-4MF7FIMZIFME5FHYFENQYZQAXE/

と言っており、ショックを受けながらも前を向いて頑張ろうとしていたことが窺えます。

桃田賢斗の事故の後遺症①眼窩底骨折

事故後に帰国し、練習に復帰した桃田賢斗選手ですが、練習中に目の異常を訴え精密検査を受けたところ、「眼窩底骨折」と診断されました。

眼球がある顔面の窪みのことを眼窩と言い、強い圧力がかかるとその圧力を逃すために眼窩の奥や下の骨の薄い部分が折れて圧力を逃します。

https://www.takedahp.or.jp/ijinkai/blog/2020/01/28/post-394/

眼窩底骨折の後遺症としては、複視と言ってものが二重に見える症状が残ることがあるようです。

桃田賢斗選手も、シャトルが二重に見えるという症状があったことから精密検査を受けており、これが後遺症として残っている可能性があります。

実際桃田賢斗選手は

練習や試合の中でしっくり来てないという感覚があった。自分の思っているシャトルとの距離感というか、タイミングが少し違っていた

https://news.yahoo.co.jp/articles/f5d5576dd2a081eee61b933db0a4b86b16aa8289

と、現在でも目の不調を訴えています。

桃田賢斗の後遺症②全身のバランス

2022年の世界選手権にて2回戦で敗退してしまった桃田賢斗選手。

すべての動作で体をうまく使えてないという感覚があり、特にシャトルに対する動き方のロスが多いと感じていました

https://news.yahoo.co.jp/articles/f5d5576dd2a081eee61b933db0a4b86b16aa8289?page=2

具体的にどこが良くない、ということではなく、全体的な不調を抱えてしまっていることが見て取れます。

事故にあった際に全身打撲を負っていた桃田賢斗選手ですが、もしかしたらそれが原因で身体のバランスが崩れてしまったのかもしれません。

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/08/24/gazo/20220824s00086000573000p.html

こちらについては、トレーナーの指導のもと徐々に回復傾向にあるそうで、完全回復が待たれます。

桃田賢斗の事故の後遺症③PTSD

交通事故後の精神的ダメージからの回復には半年程度かかることもあるそうです。

https://www.chunichi.co.jp/article_photo_chuspo/list?article_id=532622&pid=2581659

桃田賢斗選手が巻き込まれた事故では、運転手の方が亡くなられています。

それほど酷い事故に遭っているのですから、かなりの精神的ダメージがあったのではと推測されます。

結果としてPTSDを発症していてもおかしくない状況だと思われます。

https://mainichi.jp/articles/20200719/k00/00m/040/101000c

PTSDを発症すると、動悸や震えなどの身体的症状を併発することもあるそうで、競技にも影響が出てしまっている可能性がありますね。

桃田賢斗の完全復帰には何が必要か?

桃田賢斗選手は事故の影響と新型コロナウイルスの影響で1年近く競技から遠ざかっていたことになります。

事故のダメージからトップアスリートとして復帰するには人並外れた努力が必要だったと思います。

https://the-ans.jp/news/31729/

身体的な不調からの復帰は1つずつ不調な部分をケアしてトレーニングされているようですので、今後の回復が待たれます。

また、精神的ダメージについてはご本人だけでなく周囲からのケアも必要ではないかと考えます。

謹慎期間があったとはいえずっとトップアスリートとして活躍してきた選手ですから、一旦立ち止まって心を休める必要もあるかもしれないですね。

桃田賢斗選手ご自身も、復帰は諦めていないとインタビューでもおっしゃっていますので、少しお休みをして、また復帰してもらえたらいいのかなと考えます。

今後については一旦気持ちを落ち着かせてまた考えたい。もう一度復活したい気持ちはもちろんあります

https://news.yahoo.co.jp/byline/yanaiyumiko/20220825-00311820

ファンの方も復調を待ち望んでいるようですね!

まとめ

桃田賢斗選手の後遺症について調査いたしました。

現在は調子を落としてしまっている桃田賢斗選手ですが、2022年現在27歳とまだこれからも活躍できる年齢です。

今後の復調を期待したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

バドミントン
スポンサーリンク
Sブロ
タイトルとURLをコピーしました