満井典彦の家族構成は5人(妻と子供)!空き巣だけで10年養ったルールは7つ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
事件
満井典彦,家族,家族構成,妻,恵里香,子供,車,高校,空き巣,ルール,判決,

10年間、空き巣だけで生計を立てていた満井典彦被告。

その被害総額は5000万円だと言われています。

また、満井典彦被告には家族があり、空き巣の収入だけで生計を立ててきたのだとか。

ここでは、 満井典彦被告の家族と、空き巣の詳細について調査しました。

満井典彦の家族構成

  • 満井典彦
  • 年齢:41歳(2021年時点)
  • 住所:福岡県飯塚市

満井典彦被告は妻帯者でした。高校時代の写真が公開され、イケメンだという声も上がっています。

満井典彦の家族は5人:妻は満井恵里香

  • 妻:満井恵里香(40歳)
  • 子供:非公開

当初は、盗んだお金は出所を明かさずに妻に渡し、何不自由ない暮らしをしてきたと明かしていました。

しかし、妻の恵里香容疑者も、盗んだお金と知りながら259万円を受け取っていたとして逮捕されています。

満井被告を知る人の話では、黒いワンボックスカーで車種はアルファードを所有していたそうです。

アルファードは、新車で約350万円!周囲の住民からもお金を持っていると思われていたそう。

アルファードの様な大型車を所有している事からも、5人家族で子供も一緒に住んでいた可能性が高そうですね。

満井典彦の空き巣のルール7つは?

満井被告が関与した空き巣事件は、判明しているだけで243件に上ると言います。

その被害総額は5,000万円を超えていました。

空き巣を狙うときのルールは7つあり、

  • 防犯カメラのない家を狙う。
  • 留守の家を狙う
  • 靴を脱いで、室内を荒らさない。
  • 庭がきれいな家を狙う。
  • 日没から午後9時の間に空き巣を行う
  • タンス預金をする高齢者を狙う
  • 無施錠の集落を狙う

庭がきれいな家は、家の中が整頓されているため、お金が見つけやすいからと明かしています。

今すぐ、施錠して防犯カメラを設置した方がよさそうですね・・・!

満井典彦の実刑判決が軽すぎる?

満井典彦被告は、12月7日に懲役2年6カ月を言い渡されています。

この判決に、軽すぎるのではないか?という声が多数出ています。

窃盗罪は刑法第235条に規定があり、「他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する」とされています。

しかし、満井典彦被告は何度も犯行を繰り返しているため、常習犯であることから、今回の懲役が妥当か問われています。

尚、常習累犯窃盗罪の懲役は3年~10年と定められているのですが、

常習累犯窃盗罪の定義は、過去10年間に3回以上これらの罪で懲役刑を受けた者が、新たに罪を犯すと発生するものです。

満井被告は今回初めて懲役刑を受けるため、3年未満の刑でも軽すぎるとはならないそう。

また、懲役期間が長すぎると社会的に復帰が難しくなる事から、初犯で懲役がつく事は珍しいそうです。

とはいえ、この判決が軽いとみなす人は多いよう。今後、満井被告を模倣した窃盗犯が増えない事を切に願うばかりです。

まとめ

満井典彦被告の家族構成と、空き巣のルール7つについてまとめました。

空き巣を防ぐためにも、施錠と防犯カメラの設置は必須としたいですね。

今回被害総額の多さや、満井被告がイケメンだということ、人を傷つけない方法だということで、どこかもてはやされている様にもみられますが、きちんと罪を償って被害者に返金してほしいと思います。

事件
スポンサーリンク
Sブロ
タイトルとURLをコピーしました