スポンサーリンク

松本竜也の智辯学園高校からホンダ鈴鹿時代の経歴と成績まとめ!評判も調査

スポンサーリンク
プロ野球
松本竜也,プロ野球,野球,広島,カープ,評判,成績,甲子園

広島東洋カープに所属する松本竜也選手。

昨年のドラフト5位で指名され、2022年6月22日の阪神戦でプロ初勝利を挙げた期待の選手です。

今回は、松本選手の高校時代~社会人時代の成績や評判について調査しました。

スポンサーリンク

松本竜也選手は甲子園で登板した?高校時代の成績を調査!

まずは松本竜也選手のプロフィールを紹介します。

https://www.hiroshima-athlete.com/articles/-/2719
  • 名前:松本竜也(まつもと りゅうや)
  • 生年月日:1999年9月18日
  • 出身地:奈良県桜井市
  • ポジション:投手
  • 愛称:フト松

178cm、86kgのがっしりとした体格に本格派右腕。

最速149キロ、常時145キロ強の球速以上に伸びるストレートと、130キロ台後半のカットボールが武器。

打者の内角を突く投球も持ち味の1つです。

初登板は2022年3月26日、横浜DeNAベイスターズ戦の9回裏にリリーフとして登板、1回2失点。

これからの成長が期待されている投手です。

出身高校は奈良県の智弁学園、高校生の秋からベンチ入りを果たしています。

翌2年生の春・夏の甲子園では登板が無く、同秋の新チーム結成時から主戦投手を務めました。

県大会・近畿大会で1試合ずつ先発として登板し、県大会1位、近畿大会ベスト8進出を達成

近畿大会準々決勝で大阪桐蔭と当たり、10安打5長打を許した一方で11奪三振をマークしています。

翌3年の春の選抜では故障明けで出場し、初戦の熊本工業戦で3安打12奪三振完封を記録。

続く盛岡大学附属高校戦では、6回以降に捕まり9安打8奪三振で完投はしたが敗戦投手となりました。

夏の県大会は天理に競り負け、ベスト4で敗退。

リリーフとして全4試合に登板し、計12.2イニングで19奪三振5安打1失点の好成績を残しています。

甲子園に出場したのは、1度だけですね。

関西は強いチームが多いため、甲子園に出場することだけでも大変なことです。

甲子園成績 2017年春

熊本工業 先発 9回 被安打3 奪三振12 四死球2 自責点0 

盛岡大附 先発 8回 被安打9 奪三振8 四死球3 自責点5

合計 17回 被安打12 奪三振20 四死球5 自責点5 防御率2.65

都市対抗で大活躍!? Honda鈴鹿時代の成績は?

https://i711.com/carp-matsumoto/

智弁学園を卒業し、Honda鈴鹿へと入団した松本選手は1年目から公式戦に出場します。

秋の選手権準々決勝・三菱名古屋戦の先発投手として登板し、3回途中3失点のほろ苦い全国デビューとなりました。

その後、東邦ガスの補強選手として出場した4年目冬の都市対抗で初めての8強入りを達成。

抑えとして全3試合に登板し、1勝無敗・計8回6奪三振防御率0.00の好成績を残しています

2回戦・日立戦では10回1死満塁を全10球すべて直球で連続三振切り

満塁ですべて直球を投げるってすごい度胸ですね。

相当メンタルが強くないとできないと思います。

準々決勝・Honda熊本戦ではMAX149キロ、4回2安打0封と完璧な投球でした。

この時の投球が評価され、2021都市対抗で優秀選手賞を受賞しています。

社会人時代成績

2019年 6回 被安打4 奪三振3 四死球1 自責点1 防御率1.5

2021年 22回 被安打17 奪三振25 四死球8 自責点7 防御率2.86 

松本竜也選手の評判は? 監督やコメンテーターからのコメントも!

https://www.shop.carp.co.jp/new-goods/new-220623-1.html

そして2021年のドラフトで広島から指名された松本選手ですが、スポーツジャーナリストの阿部昌彦さんがこのように語っていました。

球速のアベレージは140キロ前半。球速に大きな『数字』はなくても、打者が思わず振り遅れてしまう、体感スピードに優れた球速を持ち味にしています。

カーブ、スライダー、フォークを緩急をつけて投げ分け、右打者・左打者の懐を攻めることができる技術も兼備しています。

派手な特徴はないかもしれませんが、1年目からローテーションに入る可能性は十分あると思っています。

広島アスリートマガジン編集部

また、広島の前監督だった佐々岡監督も次のようにコメントを残しています。

「度胸がある。リリーフタイプで、そういう使われ方もしている。競った場面で良いものを見せてくれているし、楽しみ」

監督の期待通り1年目から登板を果たし、順調にプロ野球選手としての階段を登っていますね。

まとめ

今回は松本竜也選手の高校・社会人時代の成績や評判についてまとめました。

大きな期待はされていますが、あまだ1年目の選手。

焦らず着実に実力をつけて、日本を代表する選手になってほしいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
プロ野球
Sブロ
タイトルとURLをコピーしました