石川祐希の中央大学時代や高校時代の画像やエピソードは?学歴まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
バレーボール
石川祐希、男子バレーボール、学歴、出身小学校、出身中学校、出身高校、出身大学、セリエA、キャプテン

男子バレーボール日本代表のキャプテンを務める石川祐希選手。

石川祐希選手といえば、イケメン選手として日本でも大人気の選手の1人ではないでしょうか。

そのバレーボールセンスは小さなころから抜群だったとのこと。

そんな石川祐希選手の幼少期から高校時代・大学時代まで学歴をご紹介していきます!

SPAIA

石川祐希・学歴まとめ(幼少期~)

1995年12月11日生まれ愛知県岡崎市出身の男子バレーボール日本代表の1人である石川祐希選手。幼少期からバレーボール選手としての実力を発揮していました。

石川祐希・出身小学校

岡崎市立矢作南小学校

岡崎市立矢作南小学校HP

石川選手の出身小学校は地元・愛知県岡崎市にある公立校の岡崎市立矢作南小学校です。

家族構成は、父・母・姉・石川選手・妹(バレーボール女子日本代表・石川真佑選手)の5人家族で、姉の影響で小学4年生からバレーボールを始めています。

TREND365

入部してすぐにバレーボール選手の原石として光はじめていて、バレーを開始して1年でベンチ入りを果たしており、また小学校6年生のときには全国大会でベスト8の成績も残しています。

この頃は身長が156cmくらいだった石川選手。それでもその身長からは予想しないスパイクを決めて周囲を驚かしていたそうです。

石川祐希・出身中学校

岡崎市立矢作中学校

スポーツファン.net

出身中学校は、石川祐希選手の地元愛知県岡崎市にある公立校の岡崎市立矢作中学校です。岡崎市立矢作中学校はバレーの強豪校として知られていました。

身長に伸び悩んだ時期

入学当初は身長が160cmほどしかなくなかなかスパイクが決まらず悩んでいたそうです。

TREND365

それでも諦めることはなく、スパイクのコースを打ち分けることで身長の低さをカバーするなど自分の欠点を活かした戦略を練って戦っていました。

そんな可愛らしい体格の石川選手でしたが、学年が上がるごとに身長はぐんぐんと伸びて中学3年生のときには180cmまで成長しチームのエースにまでなりました。

当時の石川選手がスパイクの練習をしている動画をみつけちゃいました!

全国大会に出場して準優勝したり、愛知県選抜に選ばれたりとバレーボールの実力をメキメキとつけていっています。

さらに、2010年の行われた全国都道府県対抗中学バレーボール大会優秀選手に選ばれるほどの実力の持ち主となっていました。

石川祐希・出身高校

星城高等学校 アスリート特進コース 偏差値38(2011~2014年)

武田熟

星城高等学校は愛知県にある私立の共学校で部活動が盛んな学校です。こちらも愛知県でバレーボール部強豪校の学校でして、石川選手は2011年にスポーツ推薦で進学しています。

Sportiva

同年1年生のときの高校選手権大会ではベスト16で敗退しています。その悔しさをバネに練習に励み、2年生になるとエースとして活躍し始め、春高では最優秀選手に選出されたり、全日本ユース代表にも選ばれています。

さらに、3年生になるとキャプテンを務め、「日本バレー史上最高の逸材」として高く評価されていました。

メ~テレ

また2012年と2013年には、高校総体、国体、高校選手権そ2年連続3冠を達成する史上初の結果を残しています。

さらにすごいのが、高校2年生から3年生の2年間で公式戦99連勝という異常な記録の持ち主なんです!

公式戦で勝ち続けるなんてよほどのプレッシャーがあったと思いますが、そのプレッシャーをびくともしない精神力の強さが今、日本代表やイタリアで周囲を圧倒するプレーに繋がっているのでしょうね。

当時の全日本男子ゲーリーサトウ監督も石川選手を高く評価していました。

全日本男子 ゲーリー・サトウ監督)

「万能な選手ですごくいい。

彼は順調に成長し続けている。

想像よりも技術の高さを目の当たりにして

とても満足している」

引用:メーテレ スポケン!

そのかっこよさから、当時の石川選手はやはりモテモテ!

また、高校時代、公開練習の時には石川祐希選手を一目見ようと体育館に入れないほどの女子たちが集まってきていたそうで当時男子バレーボール部監督の竹内裕幸監督もパニックになったそうです!

ちなみに、高校時代の石川祐希選手はスパイク時のフォームについて男子バレーボール日本代表として一緒にプレー経験のある柳田将洋選手のフォームを参考にしていたそうですよ!

石川祐希・出身大学

中央大学 法学部政治学科 

大学偏差値マップ

高校卒業後は、2014年4月にスポーツ推薦で中央大学に進学し寮生活をしています。

進学早々5月には日本代表候補に選ばれていて、また6月には東京オリンピック強化指定選手「Team CORE」のメンバーにも選ばれました。

cappuccino(risa)ブログ

イタリアでの挫折

2014年8月25日に、イタリアトップバレーリーグセリエAの「パッラヴォーロ・モデナ」が2014―2015年シーズンに石川祐希選手との契約を発表し、石川選手は2014年12月~2015年3月の3か月間海外留学を経験しています。

モデナでは3か月の間で15試合中スタメン2試合しか出られず、得点は28点のみ。

出場機会が少なく物足りなさと、言葉の壁にぶつかり大きな挫折を経験したそうです。

それでもこの経験が世界でのトップバレーボールプレイヤーを目指すきっかけともなり、石川選手にとって世界最高峰リーグでのプレー経験がその後の石川選手を大きく成長させています。

「前回、イタリア・セリエAのモデナに行った時は、自分が海外でどれだけ通用するのかを体感し、3カ月間のイタリアでの経験が自信へとつながったと思います。その自信と海外の相手を知っていることがアドバンテージとなり、’15年のW杯では堂々とプレーすることができていました」

引用元:Number Web

加えて2016年12月~2017年4月にもイタリアトップバレーリーグセリエAの「トップバレー・ラティーナ」にも海外留学経験されました。

石川選手は、もともとは海外でプレーするとは考えていなかったそうで、声をかけてもらったことにより世界のトップでバレーをプレーすることに興味を持ったそうです。

石川祐希選手自身、自分の可能性に極限まで挑戦したいという気持ちがあったのでしょうね。きっと負けず嫌いな性格なんでしょうね。その向上心がとてもカッコいいです!

Number

石川祐希・大学卒業後

石川祐希選手は、2018年3月に中央大学を卒業後しています。

卒業後は、プロのバレーボール選手としてイタリアのセリエAでプレーを始めています。

「海外でやりたいというところは変わりません。セリエAにはこだわらないけれど、全日本で勝つために、所属先も勝つチームに行きたい」

引用元:サンスポ

その宣言通り、2018―2019年シーズンではイタリア・セリエA「エマ・ヴィラ・シエナ」で、2019―2020シーズンではイタリア「パッラヴォーロ・モデナ」でプレーをされています。

また日本代表でも主力メンバーの1人として活躍の機会が多く早い段階からエースと期待され、2021年4月からは日本代表においてスパイクフォームを参考にしていた柳田選手の跡を継いで主将を任されました。

そして日本代表キャプテンを務めた1年目において2020東京オリンピックでは29年ぶりのベスト8進出果たし、同年9月に行われたアジア選手権では準決勝となりすでに2022年の世界選手権出場権を獲得しています。

現在25歳となり、セリエAでのプレー7年目となる石川選手。日本代表の主将として、また世界トップバレーボール選手として今後もさらなる活躍を残してくれることでしょう!

まとめ

日本でも海外でも活躍中の男子バレーボール日本代表・石川祐希選手の学歴についてご紹介しましたが、幼少期から抜群のバレーセンスで数々の成績を残していました。

日本代表キャプテンとして、チームをどのように引っ張っていくのか今後も注目度抜群です。これからの石川選手の活躍を期待していきたいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました。

バレーボール
スポンサーリンク
Sブロ
タイトルとURLをコピーしました