堀島行真の学歴まとめ:中京大学出身で高校・中学校・小学校は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
モーグル

フリースタイルスキー・モーグルの選手として活躍する堀島行真選手です。

2017年の世界選手権でシングルとデュアルの2種目で優勝

この年は調子もよく平昌オリンピック日本代表に選ばれました。

金メダルの獲得に注目が集まる中で出場したオリンピックでは、11位とメダルを獲得できませんでした…。

平昌オリンピックでの雪辱を果たすために挑む、次の北京オリンピックではどのような結果を見せてくれるのか期待が集まります。

そんな堀島行真選手のプロフィールや、学歴をまとめてみました。

堀島行真のプロフィール

  • 名前:堀島行真(ほりしまいくま)
  • 生年月日:1997年12月11日
  • 年齢:24歳(2022年2月現在)
  • 出身地:岐阜県揖斐郡池田町
  • 血液型:A型
  • 出身校:池田町立温知小学校→池田中学校→岐阜第一高等学校→中京大学→トヨタ自動車

堀島行真選手がスキーを始めたのは1歳のころです。

ご両親の影響で、小さい頃からスキーに触れていたみたいですね。

小学3年生には全日本の技術選手権への参加資格が得られるスキー検定1級に受けるほどの実力があったそうです。

そして小学4年生の時に本格的にモーグル競技を始めました!

小さいころからスキーに触れて、小学校の時からモーグル競技にチャレンジしていたみたいですね。

堀島行真は中京大学出身で、宇野昌磨と同級生だった!

堀島行真選手の出身大学は中京大学です。

(2017年4月に大学へ入学し、2021年3月に卒業)

スポーツ推薦での入学でスポーツ科学部に在籍したこともあり、4年間は競技に没頭していたみたいですね。

20歳のころには2017年の世界選手権で、男子史上初となるシングルとデュアルの2種目で優勝

そのため、平昌オリンピックでは金メダルを期待されましたが、11位とメダル獲得にはなりませんでした・・・

堀島行真選手は平昌オリンピックに調子を合わせてきましたが、逆にプレッシャーとなり思うような結果が出ませんでした。

大学卒業後にはトヨタ自動車に入社します。

そして、平昌オリンピックの悔しさをバネに、北京オリンピックでの活躍に期待が集まります。

宇野昌磨と同級生だった!

中京大学のスポーツ化学科は、フィギュアスケート日本代表で有名な宇野昌磨さんも在籍していました。

堀島行真選手と宇野昌磨さんは2016年から中京大学に入学したので同級生です!

ただ、2017年の全日本スキー連盟の年間表彰式「スノーアワード」で表彰されるまで、お互いに会うことはなかったみたいですね。このとき始めて言葉を交わしたそうです。

フィギュアスケートとスキー(モーグル)では知名度に差があり、宇野昌磨さんは堀島行真選手のことを知らなかったそうです・・・

宇野昌磨さんはフィギアスケートの練習に没頭していたからでしょうか。

北京オリンピックでメダルの獲得が期待される2人に注目ですね!

堀島行真の高校は岐阜第一高等学校

堀島行真選手の出身高校は岐阜第一高等学校です。

(2013年4月に高校へ入学し、2017年3月に卒業)

この学校は部活動が盛んで、硬式野球部や女子バレーボール部の強豪校ですね。

普通科に中にスポーツコースがあり、多くのアスリートも排出しています。

堀島行真選手もスポーツコースに在籍していました。

北京オリンピックでスノーボードのビッグエアで銅メダルを取った村瀬心椛選手も同校出身です!

高校2年生のときには世界ジュニア選手権に出場しています。

このころから海外に挑戦しているみたいですね!

3年生のときにはワールドカップに出場して3位入賞、表彰台に立っています。

このシーズンはルーキー・オブ・ザ・イヤーに選ばれています。

堀島行真の中学校は池田町立池田中学校

堀島行真選手の出身中学は池田町立池田中学校です。

(2010年4月に中学校に入学し、2013年3月に卒業)

中学3年生のときに出場した全日本ウォータージャンプ選手権(全日本スキー連盟公式競技)のビッグエアで優勝しています。

ちなみに姉も出場していたそうで、準優勝という結果でした。

堀島行真選手の姉(堀島有紗さん)も確かな実力を持っていたみたいですね。

堀島行真の小学校は池田町立温知小学校

堀島行真選手の出身小学校は池田町立温知小学校です。

(2004年4月に小学校に入学し、2010年3月に卒業)

1歳と小さいときからスキーを始めたそうですが、小学4年生のころからモーグル競技を始めます。

小学5年生のときに始めて大会に出場したそうですが、完走はできませんでした。

ここで辞めるではなく「一番を目指す」と意気込み、ますますモーグル競技に熱中したそうですね。

まとめ

堀島行真選手は親の影響で1歳のころからスキーに触れて、小学4年生からモーグル競技を始めました。

高校から世界ジュニア選手権や、ワールドカップに出場して好成績を残しています。

大学にはスポーツ推薦での入学で、宇野昌磨さんと同じ中京大学のスポーツ科学部に進学しました。

平昌オリンピックでは優勝を期待される中で、プレッシャーに飲まれて11位という結果でした。

北京オリンピックではどのような結果を見せてくれるのか注目が集まります。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

モーグル
スポンサーリンク
Sブロ
タイトルとURLをコピーしました