伊達公子の離婚から再婚の予定まで調査!子供はいないがパン屋は営業中

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テニス

女子テニス元世界ランキング4位の伊達公子さん


2017年9月に現役を引退するまでに、全日本選手権での優勝や国外での大会でメダルを数多く獲得、ウィンブルドンでの熱戦など、日本だけでなく世界でも大きな活躍を収めました。

その功績は数々の賞を受賞し、2017年にはBBC100人の女性にも選出されています。

こちらの記事では、伊達公子さんの離婚から再婚の予定まで、子供はいないですがパン屋を営業しているといった噂について調査しました!

伊達公子のプロフィール

  • 名前:伊達公子(だて きみこ)
  • 生年月日:1970年9月28日
  • 出身地:京都府
  • 身長:164cm
  • 職業:元テニスプレイヤー

伊達公子離婚から再婚の予定まで

伊達公子の離婚時期や理由は?

伊達公子さんといえば、2001年に結婚をしています。

その結婚相手はドイツ人元F1レーサーのミハエル・クルムさん

馴れ初めは1999年のル・マン24時間で、結婚後はミハエル・クルムさんだけでなく、そのご家族との関係性の良さもブログなどに頻繁に綴っていました。

ミハエル・クルムさんと婚約していたことから、以前は「クルム伊達公子」と呼ばれていましたね。

しかし、結婚から16年を共に過ごした後、2016年9月27日に伊達公子さんが自身のブログにて離婚を発表しました。

当時のブログでは離婚の理由を以下のように説明していました。

「16年間共に過ごしてきた中で、2人の人生に変化が出てきたことにいつしか気づき、この先のまだまだ長い人生を考えると、別々の道を歩むことがいいのではないかという結論に至ったのです。」

また、2018年に放送された「アウトデラックス」では、改めて離婚に至った原因を語っていました。

伊達公子さんは「スポーツを全盛期と比べてやらなくなったとき、2人の趣味は何か」と考えたよう。

趣味で映画を見るとしても、伊達さんは日本語の字幕、クルムさんは英語の音声。

一緒に観ているときに伊達公子さんがクルムさんに話しかけても「静かにしてくれ」と言われるなど、日常生活のふとした部分で気になるところがあったそうです。

しかし、離婚時に本人たちも語っていましたが、離婚後も友人としての関係は続けているようです。

2021年12月27日に放送されたTV番組「YOUは何しに日本へ」には、偶然にも日産のアンバサダーをしているミハエル・クルムさんが出演していました。

その際にはミハエル・クルムさんが再婚をしているという事実も。

ただ、奥さん含めて未だに伊達公子さんとは交流があるそうです。

離婚するに至った原因はあるにしろ、交流が年数を重ねた後もあるのは素敵ですね。

離婚を決める際にも2人で相当話し合ったことがうかがえます。

伊達公子の再婚予定は?

では、2016年に離婚をしている伊達公子さんですが、再婚の情報はあるのでしょうか?

2022年3月4日時点では再婚の情報は見当たりませんでした。

テニスプレイヤーを引退後は、ジュニア育成やテレビ・メディアへの出演、プロデュース、執筆活動、その他社会貢献活動などに取り組んでいます。

引退後も様々な仕事を引き受けており、多忙な印象がありますね。

その分出逢いも多いのではないかと思われますが、仕事が多忙な分、再婚にいたるような恋愛はできていないのかもしれません。

本人が望んでいるのかにもよりますが、素敵な出会いがあるといいですね!

伊達公子は子供はいないがパン屋は営業中

伊達公子に子供は?

伊達公子さんは、ミハエル・クルムさんと夫婦関係にあった16年という長い期間にかかわらず子供はいないようです。

31歳の頃に結婚した伊達公子さんですが、不妊で子供ができなかったそうです。

その不妊に関して「テニスでは努力したら結果はでる、失敗してもそれは次の結果につながる。しかし、妊娠はそうならなかった」とも語っていました。

検査や妊娠のために努力を重ねるも望む結果はでなかったそうです。

子供ができなかったことが離婚の決め手になった訳ではないと思われますが、不妊治療を受け続けても子供を授かれなかったのは2人の悩みやストレスとなっていたのかもしれません。

伊達公子はパン屋を営業中

伊達公子さんは、2016年8月4日に自身のプロデュースするパン屋「フラウクルム」を恵比寿にオープンしました。

ドイツ産のオーガニック小麦粉やライ麦粉を使用するドイツパンを売りにしており、ホームページやコンセプトを見るだけでもお腹が減りますね・・・!

この「フラウクルム」という店名ですが、お分かりのとおり、ミハエル・クルムさんの名前が入っています。

その店名をつけた理由に関してはTV番組上でこのように話していました。

「結婚してドイツ人と知り合って、ドイツに行って、ドイツのパンを好きになって、ドイツパンを作るのに私の名前ってピントこない」

離婚をしたのが2016年9月27日で、パン屋開店日が2016年8月4日

離婚の1ヵ月前にオープンしたということで、離婚の話もすでにあったのではないかと思われますが、この名前にしたということはやはり2人の関係が別に険悪な状態というわけではなかったと考えられますね。

また、伊達公子さんは「お名前を借りました。本人の許可も得て」とも語っています。

フラウクルムは大手のサイトで紹介されたり、美味しいとハマるお客さんも多いようです!

恵比寿を訪れる際にはぜひ立ち寄ってみたいですね!

まとめ

今回は元プロテニスプレイヤー・伊達公子さんの離婚と再婚の予定について、子供の存在や自身のプロデュースしたパン屋についてまとめてみました。

離婚をした当時は驚きの声も沢山あったと思われますが、その後も2人の関係は友達として続いているようです。

テニスプレイヤーとしても様々な功績を残してきた伊達公子さんですが、引退後も多くの分野に取り組まれています。

今後の伊達公子さんの取り組みにも注目です!

テニス
スポンサーリンク
Sブロ
タイトルとURLをコピーしました