21-22チャンピオンズリーグ優勝候補ベスト5!本命はどこだ?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サッカー
2022,チャンピオンズリーグ,優勝,予想,オッズ,チーム,候補,

こんにちは!

21-22チャンピオンズリーグ(以下CL)もグループステージを終え、ラウンド16に進むチームが決まりました。

<グループ首位通過チーム>

  • マンチェスターシティ
  • リバプール
  • アヤックス
  • レアルマドリード
  • バイエルンミュンヘン
  • マンチェスターユナイテッド
  • リール
  • ユベントス

<グループ2位通過チーム>

  • パリサンジェルマン
  • アトレティコマドリード
  • スポルティングCP
  • インテル
  • ベンフィカ
  • ビジャレアル
  • ザルツブルク
  • チェルシー

みなさんが応援していたチームや選手の活躍はどうでしたでしょうか?

今回はこの熱いグループステージの戦いを終え、ラウンド16に進んだチームの中から優勝候補5チームを予想して選びました!

(滅茶苦茶悩みました 笑)

そんなこんなで以下に私の選んだ「21-22チャンピオンズリーグ優勝候補ベスト5」を紹介していきます!

21-22チャンピオンズリーグ優勝候補ベスト5!を予測!

21-22チャンピオンズリーグ優勝候補①バイエルンミュンヘン

これは多くの方が予想していると思いますが、やはり優勝候補の筆頭はバイエルンミュンヘンだと思います。

CLのみならず、リーグ戦でも得点力と守備力ともに安定し首位をキープしています。

そして、そんな絶好調のチームの中で注目しなければいけないのは、昨季リーグ歴代得点記録を塗り替えたロベルト・レヴァンドフスキです。

今回のCLでも現時点で得点9、アシスト2と大活躍中です。

グループリーグ、ディナモ・キエフ戦で決めたバイシクルシュートはこれぞゴラッソ!というゴールでした。

リーグ戦で安定している守備はCLでも顕在。CLグループステージでも6試合中4試合をクリーンシートで収めています。

リーグ戦とグループリーグで見せた安定感と爆発的攻撃力を発揮できれば王者の座を奪還できる可能性は非常に高いとみられます!

21-22チャンピオンズリーグ優勝候補②リバプール

リーグ戦でも安定の2位。マンチェスターシティ、チェルシーとともにプレミアリーグ首位の差を争っているリバプール。

CLグループリーグ初戦では得点力は見せたものの少し失点を重ねる場面も目立ちました。

ですが、リーグ戦と同様、CLグループリーグでもサラーを筆頭に圧倒的得点力を他チームに見せつけました。

セカンドレグは守備も安定し、最も厳しいグループステージの1つを6戦全勝で飾ったことはチームにとっても大きな自信とモチベーションにつながったはずです。

この勢いそのまま、決勝トーナメントでも優勝候補の1つとして目が離せません。

現在プレミアリーグで得点ランキング首位を独走しているモハメド・サラー。

CLでもこれまで7得点と彼の活躍が優勝に大きく関係してくると思います。

また、リーグ戦で同じように得点ランキングに上位ランクインしているサディオ・マネやディエゴ・ジョタ、そしてここまで4試合に出場している南野のCL初ゴールにも期待したいですね。

21-22チャンピオンズリーグ優勝候補③マンチェスターシティ

昨年惜しくも決勝でチェルシーに敗れ準優勝に泣いたマンチェスターシティ。

21~22大会も厳しい戦いを強いられながら、ファーストレグで敗れたパリにもセカンドレグできっちり借りを返し、最も厳しいグループの1つを首位で通過しました。

しかし、グループリーグ最終戦でカイルウォーカーがレッドカードで退場。

ラウンド16初戦でディフェンスリーダーが抜けるのはシティにとって痛手となってしまうでしょう。

怪我やコロナに苦しんだマンチェスターシティのケヴィン・デブルイネ、CLではチーム内得点王のリヤド・マフレズ、若手ながらチームに欠かせない特別な存在となっているフィル・フォーデン、U21イングランド代表で10代ながら今回CL初得点を記録したコール・パーマーなど若手からベテランまで才能を兼ね備えているチームが更に調子をあげていくと他のチームは手をつけられないかもしれません。

前回準優勝に泣いたシティーが今年タイトル獲得できるか注目です。

21-22チャンピオンズリーグ優勝候補④Real Madrid

言わずも知れた銀河系軍団レアルマドリード。

名声だけでなくリーグ戦やCLグループステージの結果からも優勝候補の1つとして上げられます。

リーガエスパニョーラでは2位のセビージャを大きく引き離して現在首位を独走中です。

CLグループステージ第2戦のシェリフ戦こそ2失点と複数失点を許し敗北したものの、そのほかの試合ではクリーンシート4試合と守備の安定感を見せています。

セルヒオ・ラモスやラファエル・ヴァランがクラブを退団した中で今季その守備を支えているのが守備ライン、エデル・ミリトン、ダヴィド・アラバ、ダニ・カルバハル、メンディらと守護神クルトワです。

この守備陣が安定したパフォーマンスを残し、巨人クルトワが大きなセーブを残し続ければ、攻撃陣も奮起しタイトルが現実味を帯びてきます。

これからシーズンを通してこのパフォーマンスを維持、更に強化していくことができれば3年ぶりの王者奪還でレアルマドリードファンを歓喜させることができるはずです。

21-22チャンピオンズリーグ優勝候補⑤アヤックス

最後に優勝候補として挙げたいのが、今大会ダークホースとなっているオランダの強豪アヤックスです。

グループリーグではなんと20ゴールを記録している今最ものっているクラブの1つとも言えます。

その得点の半分を決めているのがアヤックスのFW、セバスティアン・ハラーです。

得点王争いでも現在10得点とレバンドフスキを抜きトップに立っており、CL史上2人目となるグループステージ6試合全てでのゴールを達成しました。(CL史上初はクリスティアーノ・ロナウドが達成)

エールディビジでも15試合48得点2失点と驚異的な数字を残しているアヤックス。

リーグ戦の調子そのままに今大会大躍動しており、勢いにのってしまうと他のビッグクラブにも引けをとらない脅威となるはずです。

まとめ

以上チャンピオンズリーグ優勝候補を5チーム選んでみました。

今大会はバルセロナが21年ぶりにグループステージで敗退するなど波乱もありましたが、やはり自国のリーグ戦でも結果を残しているチームは比較的CLグループステージも安定したパフォーマンスを見せていました。

個人的にはグループステージで大きなインパクトを残したアヤックスが、どこまでビッグクラブ相手に戦えるか注目したいと思っています。

CLラウンド16は2022年2月から始まります。

ぜひみなさんも好きなクラブや注目の選手を応援してCLラウンド16も楽しみましょう!

サッカー
スポンサーリンク
Sブロ
タイトルとURLをコピーしました